×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

dakota ダコタ

ダコタ(Dakota)とは

ダコタ(Dakota)とは1970年に創設された日本のファッションブランドで、天然の素材の柔らかさとその風合いが特徴で、流行を追うのではなく独 自のデザインを持ち丁寧に作られているブランドとして知られています。2000年には新しいダコタ(Dakota)としてコンセプトは同じくしながらも、トータルグッズのラインナップでを発売し独自の空間提案をしています。


シンプルで飽きの来ないデザインでありながらオリジナルの風合いとナチュラルでカジュアルなダコタ(Dakota)は、実用的でありながら機能美も持ち合わせたブランドとしての魅力を放っています。またそのためにビジネスユースにも日常ユースにも、そしてファッショナブルなシーンにも使えるアイテムとしての輝きがダコタ(Dakota)の魅力そのものと言えるでしょう。


厳選された革素材を後染めと言われる製法で非常に丁寧に作るダコタ(Dakota)の商品は、初めて使うにも関わらず何十年も使ったかのような馴染みを感じると言われています。バッグや長財布、携帯ケースやキーホルダー、コインケース(小銭入れ)や腕時計などの革小物などの商品ラインナップも非常に充実しており、一点物としての魅力と相まって非常に多くの人に愛されています。


非常に人気の高いダコタ(Dakota)ですが、職人は創業者とその実子だけで決して量産はせずに丁寧に丁寧に作り、技術を磨き上げていくということを誇りにしています。そんなダコタ(Dakota)ですが、2005年にはメンズ用のブラックレーベルをスタートさせて夫婦やカップルや親子で使う事の出来る最高品質のレザーグッズブランドになりました。しかし最高品質のものでありながら非常に手に入れやすい価格であるダコタ(Dakota)は、職人自身が「つくり上がった作品は未完成だ。使ってもらって五年、十年すれば完成品といっていいんじゃないかな」と語るところに全てが集約されているブランドと言えます。


バッグと長財布はダコタ(Dakota)

ダコタ(Dakota)が創業したのは1970年と比較的新しく、天然素材である革の柔らかさと独特の風合い、そして独自のデザインと流行を追わないシンプルで丁寧な作りの日本のファッションブランドとして有名です。2000年にはコンセプトはそのままに商品ラインナップを充実させ、独自のトータルグッズにより空間提案を展開しています。


ナチュラルでカジュアルな風合いと飽きの来ないシンプルでスタンダードなデザインを持つダコタ(Dakota)は機能美と実用性を兼ね備えたブランドです。そのためにファッショナブルなコーディネイトはもちろんのこと、デイリーユース、ビジネスユースにも人気の商品バラエイティ豊かなブランドです。バッグや財布などの革製品の豊富なラインナップもその魅力のひとつでしょう。


バッグと長財布はダコタ(Dakota)の製品の中でも特に人気のあるものです。その人気の秘密の第一は、通常は染めた革を仕入れた後に裁断などの加工をするのですが、ダコタ(Dakota)の場合は染めていない革を仕入れて独自に染め上げる「後染め」のために、一つ一つが微妙に違った一点物になることです。そのために初めて使うにも関わらず何十年も使ったかのように馴染むと言われています。その他にも小銭入れ(コインケース)、携帯ケース、キーホルダー、腕時計などの革小物も人気があります。


「つくり上がった作品は未完成だ。使ってもらって五年、十年すれば完成品といっていいんじゃないかな」とダコタ(Dakota)の職人は語ります。これは決して自信のなさではなく、丁寧に丁寧に作りあげた上になお使う人自身が作品を完成させるという顧客志向の精神を表していると言えるでしょう。2005年にはメンズ用であるブラックレーベルを販売開始し、年齢や性別にかかわらず広く愛顧されるブランドになったダコタ(Dakota)は、本物だけが持つ輝きをもったファッションブランドと言えるでしょう。


ダコタ(Dakota)が創業したのは1970年

ダコタ(Dakota)が創業したのは1970年と比較的新しく、天然素材である革の柔らかさと独特の風合い、そして独自のデザインと流行を追わないシンプルで丁寧な作りの日本のファッションブランドとして有名です。2000年にはコンセプトはそのままに商品ラインナップを充実させ、独自のトータルグッズにより空間提案を展開しています。


ナチュラルでカジュアルな風合いと飽きの来ないシンプルでスタンダードなデザインを持つダコタ(Dakota)は機能美と実用性を兼ね備えたブランドです。そのためにファッショナブルなコーディネイトはもちろんのこと、デイリーユース、ビジネスユースにも人気の商品バラエイティ豊かなブランドです。バッグや財布などの革製品の豊富なラインナップもその魅力のひとつでしょう。


厳選された革素材を後染めと言われる製法で非常に丁寧に作るダコタ(Dakota)の商品は、初めて使うにも関わらず何十年も使ったかのような馴染みを感じると言われています。バッグや長財布、携帯ケースやキーホルダー、コインケース(小銭入れ)や腕時計などの革小物などの商品ラインナップも非常に充実しており、一点物としての魅力と相まって非常に多くの人に愛されています。


「つくり上がった作品は未完成だ。使ってもらって五年、十年すれば完成品といっていいんじゃないかな」とダコタ(Dakota)の職人は語ります。これは決して自信のなさではなく、丁寧に丁寧に作りあげた上になお使う人自身が作品を完成させるという顧客志向の精神を表していると言えるでしょう。2005年にはメンズ用であるブラックレーベルを販売開始し、年齢や性別にかかわらず広く愛顧されるブランドになったダコタ(Dakota)は、本物だけが持つ輝きをもったファッションブランドと言えるでしょう。